収納は十分にあるか

収納スペースが多いことのメリット

同じ面積の賃貸物件であれば、収納スペースが多い物件を選ぶことがおすすめです。極端なミニマリストでない限り、人は考える以上に多くのものを所有しています。それで、すっきりものを収めるためには、賃貸物件に元々備わっている収納スペースが役立ちます。また、物件自体に収納スペースがあることで、家具の購入費を最低限に抑えることができます。そして、収納家具が少なければ、引っ越しの際の荷物の持ち運びが楽で、大きな荷物がないことで引っ越し費用を削減できるメリットもあります。逆に、収納スペースが限られていると、収納できずに部屋の中に置いたものにほこりがかぶったり、エアコンの風が行き届かないなど、居住スペースのエネルギー効率が悪くなります。

収納スペースは多様化している

一昔前の収納は押入れがほとんどでしたが、今では様々なタイプの収納スペースがあります。特にクローゼットタイプの収納は人気で、洋服や小物類を効率よく収納できます。また、ウォークインクローゼットは、洋服などを一か所にしまっておけるメリットがあり、すべての衣類を一か所で管理できることで、同じような洋服を購入するリスクを避けたり、衣替えをせずにすむ利点があります。さらに大きな収納として納戸があります。洋服だけでなく、大きな荷物も入れられるのがメリットです。加えて、部屋の天井部分を使ったロフトは床面積にカウントされませんが、収納スペースに最適です。ロフトは日ごろ使わないものや季節によって使用するものをしまうのに便利ですし、屋根裏部屋として使うこともできます。